川手鷹彦作品展
11月6日(金)~ 8日(日)

会場 錦鱗館(京都市左京区吉田神楽丘町3番地)

入場無料(《花の家》へのご寄付を戴ければ幸いです)

川手鷹彦作品展 イラスト

11月6日(金)10:30~18:30

11月7日(土)10:00~18:30
 14:30~ 特別催事を行います

11月8日(日)10:00~16:00


川手が戯曲・物語執筆の傍らに描いてきた、大自然と背後の存在たちへの慈しみ溢れる挿画・細密画を展示いたします。

一部ご購入いただけるものもございます。

創作200時間のミニアトゥーレをご覧になった方からのご感想
この絵を描いた人はどんな人なんだろう、人間の世界じゃないよね、大昔なんだろうか...

特別催事 舞台公演『ソクラテスの最期~霊魂の不死について~』

11月7日(土)14:30 開演

古代ギリシアが生んだ人類史上最高の知性ソクラテス。
毒杯を仰ぎ、自己を全うした生と死を描く戯曲を、三人の才ある役者が舞台公演する。

川手鷹彦作品展 イラスト

出演    元ゲーテアヌムアンサンブル女優 坂本桂子
     演劇集団カメーリエより 平塚史奈 宮地利佳

作・演出  川手鷹彦

主催・お問合せ

一般財団法人《花の家》東京支部
電話/FAX 03-3280-1093  Email こちらのフォームよりご連絡ください


▲ ページの先頭へ戻る