欧亜日の詩歌演劇と「特別な保護を必要とする子どもたち」の芸術教育に身を捧げてきた川手鷹彦が、
人生の集大成として次世代に伝えんと着手する三分野。

本プロジェクトによって、少しでも子どもらの魂が救われ、民族を越えた芸術が実現することが望まれる。

2016年9月4日 リリース

プロジェクト賛同者

村井実
慶應義塾大学名誉教授
高塚直裕
精神科医、ポロナイクリニック院長、北海道岩見沢児童相談所嘱託医、詩と芸術の館ポエティカ館長
黒川五郎
哲学者、ティーセラピー研究所所長
小野寺隆
屋我地診療所 所長

プロジェクト責任者

川手鷹彦

プロジェクト運営

一般財団法人《花の家》運営事務局


*特記:三プロジェクトは、それぞれ2019年末までに成果の上がらないときは、計画自体を見直すこととする


公式発表文章

機関紙
2017年4月8日(土)
機関紙「アイステーシス」第一号を発行いたしました
新プロジェクト発足のお知らせ
2016年9月4日(日)
新プロジェクト発足のお知らせ

お問合せ

プロジェクトに関するお問合せは下記フォームよりお気軽にどうぞ。
(*印は入力必須)

お名前
メールアドレス
所属機関
電話番号
お問合せ内容